国富論』要約
| |

国富論』の概要とレビュー|アダム・スミス

はじめに

アダム・スミスは、「近代経済学の父」と呼ばれ、その名を不滅にしました。この1,000ページを超える大著の中で、私たちが今日知っている現代の経済活動のほぼすべての側面について、その基礎が築かれたのである。その目的は、「人間の自然な営みの中で、富の追求を促す主要な原因を明らかにすること」であると、長大な題名の中に大胆に宣言されている。

富を得たいという人類共通の衝動の背後にあるこれらの原理は一体何なのでしょうか。1700年代のアダム・スミスの洞察と主張は、今日の私たちの経済学の理解にどれほど強く結びついているのでしょうか。偉大な文学作品と同様に、著者の人生を簡単に振り返ることで、最も有名な作品の背後にある考え方を明らかにするための基本的な洞察を得ることができます。

アダム・スミスの視点

アダム・スミスは、スコットランド啓蒙主義の産物であると同時に、その推進者でもあった。14歳のときから意欲的に学問を追求し、学問の世界で活躍した。学際的な研究により、道徳哲学者として知られるようになり、その後、経済学の著作が中心となっていく。彼のライフワークである『国富論』は、人類の大きな歴史の枠組みを学び、教えるという生涯を通じての深い結びつきの中で、重要な個人的要素となっているのです。

アダム・スミスは、主要な経済活動のすべてとは言わないまでも、その背後にある自己主導的な基盤に重点を置いていることがよく知られている。今日、直感に反すると思われるかもしれないが、自己決定に関する彼の信じられないほど次元の高い信念を、彼の初期の道徳的著作から引用して整理することは有用である。

"人間はいかに利己的であろうと、その本性には、他人の運勢に関心を持ち、その幸福を自分に必要なものとするいくつかの原則がある"

特に『国富論』のこのような道徳的な格言と比較すると、どのような規模であれ、幸福の本質的な価値は、スミスの作品における統一的なテーマのようなものであったことは明らかである。

"貧しく惨めな者が圧倒的に多い社会が 繁栄し幸福であるはずがない"

StoryShot #1:労働を根本的に特化させる

このように、『国富論』の文体は、論点をそのまま実証する傾向があることを意識してか、冒頭から大胆で自明な散文を得意としているのである。

"労働の生産力における最大の改善と、労働を指揮し、適用する技術、器用さ、判断力の大部分は、分業の効果であったと思われる。"

この基本的な教えは、社会の構成要素である専門的でユニークな自分の仕事の質と生産性を高めることに重きを置くというものである。本書では、この基本原則をさまざまに強調しながらも、漠然とした、あるいは別世界の内なる知恵というよりは、経験的な圧力に起因する基本的な自然の力へと、ほとんどすぐに平板化されているのです。

「多くの利点をもたらすこの分業は、もともと人間の知恵が生み出したものではない(中略)人間の本性にあるある傾向の、非常にゆっくりとした段階的な結果ではあるが、必要なものであり、そのような広範な効用を視野に入れていない」。

ここで、人々が最も相互に有益な方法で協力し、相互の専門性を階層化するように駆り立てるのは、いかなる輝かしい野心よりも生活環境であり、同時に変則的ではあるが、尊厳に劣らないものである。このように考えると、私たちの最も基本的なレッスンは、契約法の自然な基礎についての説明へと舵を切りそうになりますが、さらにすぐに、そのようなふりは明確に否定されます。その代わりに、この現象は、人々が "情熱の偶然の一致 "によって協力するように仕向けられたと説明される。

自分の目的を純粋に追求することと、仲間のためになることを追求することの間には、本質的な矛盾はほとんどないというのが、その根底にある哲学だとも言える。このダイナミズムを完成させるために、このテキストは、自制心に甘んじ、相手の利己主義を受け入れる、ある種の利己的な共感を呼び起こすのである。

"相手の人間性ではなく自己愛に訴え、自分の必要性ではなく相手の利点を語る"

この教訓は、他者からより多くのものを求めることで、読者が外部に求める価値そのものを十分に発揮できるようになることを後押ししているに過ぎない。

StoryShot #2: 適切かつ効率的に労働を促進する。

人間の労働を考えるとき、上記のような労働の専門化、すなわち「労働者の器用さ」とともに、3つ合わせて生産労働の量を大きく増加させる2つの要素が含まれる。それらは、次のようなものである。

  1. 労働者の手先の器用さと技能を高める。
  2. タスクの切り替えで失われがちな時間を守る。
  3. 使える機械の力を利用する。

大げさに言えば、「頑張れば頑張るほど豊かになる」ということであり、豊かさを最大限に拡大するためには、専門外の雑念を減らし、あらゆる機器を活用して努力を倍加させることが必要なのです。

"効率の良さも必須条件"

最初の2点は、人間の身体とそれを指揮する心を、労働を行うための主要な道具のようなものとして見ることを勧めている。現代人の感覚からすると、ここに書かれていることは、現代の組み立てラインの超ミニマムな工程に当てはめることは容易である。

しかし、これは個人でも、専門のグループでも、自由に組織化された努力の過程です。器用さを磨き、一見小さな、しかし最終的には流れを断ち切るような迷いを減らすことで、心身を最大限に効率よく使うことができるのです。

第三の要因では、当初の原則である「労働の専門化」がエスカレートし、自己を超えた手段にまで拡大する。読者は、同じ仕事を、より簡単に、素早く、巧みに、何桁も高い次元で達成するための機械的方法を、可能な限りの機械支援を使って探し続けることが、必要ではないにしても、奨励される。

StoryShot #3:交換比率を高めることで市場価値を維持する

労働が分割された市場を考えるとき、その分割された労働は、交換の力によって永続する自己価値を持つのです。このことは、市場が発揮しうる自然な力を健全に尊重することを促す。

これらの自然の力は、まさに文字通り、物理的環境の自然の力になぞらえられ、賢く利用されれば、新しい労働形態を生み出し、貿易を大きく後押しするのである。国富論』において、地理的、あるいは生物学的な市場力がいかに徹底的に記述されているかは興味深いところである。

このような市場の自然な力は、単純な算術の問題としても、同じように証明することができるのです。

"6、8人の男が水車を使えば" "ロンドンとエディンバラの間で" "100人の男と400頭の馬が乗った50台の荷馬車と同じ量の商品を" "同じ時間で運び、持ち帰ることができる" "水車を使えば"

自然環境、技術、市場......この3つをうまく利用することで、いかに大きな増幅が可能であるかを、本文中に長々と書き連ねている。また、水車職人の超専門性と機械化された労働は、市場における労働価値が、100人の人間と400頭の馬、そして彼らが使うすべての道具の価値に相当していることにも注目しよう。

市場原理に耳を傾け、労働力を拡大する能力と制限する能力を同時に尊重する。しかし、同じように、もし市場が自分に最も適した取引を拡大しないのであれば、自分がいる市場の外に出ることを恐れてはならない。

StoryShot #4:度量衡の基準を一定に保つこと

しかし、アダム・スミスはスコットランドに植民地貿易をもたらした商人たちから多くのことを学んでいたのである。曰く ブリタニカ百科事典スミスは「間違いなく」「貿易とビジネスに関する詳細な情報」を入手し、「『国富論』に現実世界の感覚を与えた」。

今のところ、私たちは勤勉な家内工業の効率的な集合体しか持っていない。足りないのは、同じように効率的な価値交換の媒体である「お金」だ。肉屋は自分の牛肉や羊肉をめったにパン屋に運ばない」ので、「自分がすぐに交換する商品である貨幣の量によって価値を見積もる方が自然で明白である[...]」と悟るのである。

ここでは、どんな真の貨幣も他の商品と同じように価値が変動し、その唯一の目的は労働の価値に最も近づけることであると予告している。労働は、"すべての商品の価値を推定し、比較することができる究極かつ真の基準 "と説明されている。比較的、貨幣は労働の名目的な価格に過ぎず、それだけが物事の本当の価格である。

今なら、欲しいものを定価だけで判断するのではなく、それを手に入れるために必要な時間や労力を計算することで、実践できるかもしれません。いつの時代も、交換の媒体は複数存在する。その点、スミスは異なる貨幣の比較価値を研ぎ澄ますことで、後世の人々への痛烈な警告に到達しているのである。

「世界のどの国でも、君主や主権国家の欲深さと不正は、臣民の信頼を乱用し、本来貨幣に含まれていた金属の実質量を少しずつ減少させてきたと私は思う」。

要は、物々交換の手段がバラバラな人たちが、自分たちの労働の生産に普遍的に理解できる値段をつけるための物差しを提供することである。国富論』は、労働が貨幣の名目的な価格となり、それによって他のすべてのものが測られるようになった歴史上の例を徹底的に説明することで、一見無味乾燥に見えるこのテーマの歴史的重要性を明らかにしているのである。貨幣の本来の役割は、その逆である。

StoryShot #5: あなたの労働の対価を、その内容に解決する。

"各個人は、その生産物が最大の価値となるように、自分の資本を使う努力をする"

ある労働の価値を効果的に決定する要因は、以下のようにいくつかあります。

  • ある種の労働が他のものよりも過酷であれば、その優れた苦労はその価格に反映される。他の人がやりたがらないということは、当然、市場の買い手にとって、高い価格を受け入れるか、サービスを受けずに済ませるかの圧力になる。
  • 自分の才能を高く評価されれば、その分、労働の価値も高くなり、希少な技術を身につけるために費やした時間と労力は、労働コストとして計上されることになる。
  • それは「ある種の労働の賃金の別名に過ぎない」と考えることができる。その種の労働とは、資本とも呼ばれる価値ある商品の検査と指導のことである。この種の価値は、労働そのものとは異なる原理によって規制されており、その尺度は、ストックが投下された努力によって得られた利益である。

支配することができ、その場所から奪うことができない唯一の種類の「商品」であるため、それは「特殊な」形態の商品と呼ばれる。いずれにせよ、この「特殊な商品」の支配は、賃金のもう一つの名称である賃借料という結果をもたらす。

なぜなら、資本は、その利益を得るために、ストックと労働力を適用するための土地に依存しており、もしそのストックが、株の所有者が支配する土地で使用されなければ、その土地を支配する者は、簡単に株の所有者からレントを取得するか、ストックを無にすることができるからである。

あなたの労働がどのように測られるにせよ、それと交換可能な同じ価値と比較することによって、その真の固有の価値を解決することが必要である。これは、あなたの労働が、賃金、株式、家賃(それぞれ労働者、資本家、土地所有者によって)のどれで測られても同じことです。

StoryShot #6: Allow Capital To Flow Freely (資本は自由に流れる)

人々が自由に移動できるようになれば、資本を持つ者は当然、最も高い利益を生む場所に資本を投入したいと思う。しかし、多くの資本家が同じ場所でそれを行えば、一カ所に資本が殺到することになる。その結果、より豊富で手に入りやすいその資本が切り下げられる。

その時、同じ資本の所有者は、その地域から離れ、より高い価値で資本を機能させることができる新しい場所を求めて、新たな欲求を抱く。このような弾力性は、市場を機能させる人々が、自分の労働力やその他の財産をどこに投資するかを自由に選択できる、市場の自然な姿である。

この弾力性が損なわれると、資本が地域貿易を生産的に促進する能力が失われ、生産的であることが負担となり、逆進的な経済力を生み出すことになる。貿易によって専門的な労働力が活躍できる新しい地域へと成長・拡大するのではなく、貿易が鈍化する。そして、最も専門的な労働も、その労働が適用されようとする市場が賃金を得る機会を制限するのと同じ程度に制限されるようになるのである。

停滞した資本は、労働力を専門化させるどころか、労働力の流動化を促し、専門化した労働者が不必要に仕事を変える時間を最小限にすることを妨害する(#2の3点のうち2点をもう一度参照のこと)。労働の価値は、資本が流入したときに生じる市場利益によって決まる。資本の所有者は、器用さと技術を維持できる労働者に依存しているが、最も熟練した職業について、経済的報酬の低い機会に追い込まれると、それはほとんど不可能になる。

しかし、それは市場への自由なアクセスが阻害されない場合に限られる。

StoryShot #7: 政府の適切な範囲を確保する。

アダム・スミスは、ほとんどの点で極めて限定的な政府を信じたが、いくつかの重要な分野では、政府には必要不可欠な機能があると考えた。ただし、政府が本来の役割を超えないように、慎重にその権限のバランスをとることによってである。

国富論』で提唱された役割には、単純なものも含まれていた。

  1. 読み、書き、数えるという基本的な手段を国民に教育すること。
  2. 国家的な保護を提供する。
  3. 正義を確立する。

司法機能の構造化は、司法がその機能を遂行するために必要以上の権力を持たないようにする方法、あるいは、その権力を、自らの利益のために裁判所を支配する金銭的動機を持たない、あるいは可能な限り限られた政府の別部門に割り当てることが提唱されている。

また、『国富論』では、インフラ整備のための税金の創設を論じているが、これは、設備をすぐに利用できる人だけがその特定の税金を支払うという形で提唱されており、したがって、最も地方にある政府に実行が委ねられているのである。

StoryShot #8: 一方的でもオープンな貿易を維持する。

単独貿易の論理は、他の政府がその国との貿易を制限しようとしても、妨げられない国際貿易の政策を堅持している政府は利益を得るというものである。地球上の最速で可能な市場が、開放的な貿易政策をとっている国に大きな信頼できる機会があることを知れば、開放的な政策をとっているその国に膨大な経済的報酬を生み出すことになるのだ。

仮に世界の多くの国がこのような機会を阻害されたとしても、すべての国の貿易を止めることは不可能ではないにせよ、ありえないことである。何があろうと、開放的な貿易政策は、価値ある国際的な経済活動を誘引する機能を果たすのである。

国富論』の最終的なまとめとレビュー

国富論』を読むと、ほとんどの読者が表現するように、この本は、非常に密度の高い経済学の教科書を読もうと思ったときに、ほとんどの人が期待するよりもずっと刺激的でインスピレーションを与えてくれる本である。しかし、世界の歴史上、そして時代を超えて、数え切れないほどの人物が、アダム・スミスの不朽の名著を頼りに、富への道を歩み続けてきたのである。

労働を最も効率的に利用するための分業から、その労働の価値は、交換の増加の力によって自己増殖していくのです。その市場に、一般に認められた真の貨幣の基準があれば、労働の価値をより正確に設定することができる。資本が自由に移動できるようになれば、周辺の市場は繁栄する。これは、貿易が絶えず制限されない限り、自然なことである。資本が制限されなければ、その地域の市場の成功が他の地域にも自然に波及するように、国が政府によって市場の繁栄を制限されなければ、その国は世界のパートナーを後押しする開放貿易を行うのに適した立場にある。

少なくとも、これがこの最も素晴らしい文学作品に含まれる教訓の総合であり、ある人はこれを成功への地図だと考えている。もし、この歴史上最も重要な経済書の1つであるこの短編講座が気に入ったなら、以下にコメントするか、シェアして、あなたの関心を示してください。

国富論』要約
  • 保存

類似の投稿

2コメント

  1. アダム・スミスの『国富論』はパブリックドメインであり、Project Gutenbergからダウンロードし、検索することができます。印刷された本は$15もしますし、検索するのに大変な労力がかかります。スミスの「見えざる手」は、ほとんどの人がWoNを読むことはないだろうから、何十年もプロパガンダの道具として使われてきたのだろうか?

    スミスは「見えない」という言葉を6回使っているが、「見えざる手」として使ったのは1回だけである。見えない手」という言葉をよく耳にするのは、実に不思議なことである。

    スミスは「教育」という言葉を八十回使っている。それについては語られていない。and account」で検索すると、「read, write, and account」ではなく、「read, write, and arithmetic」の例が複数出てきます。 スミスが『国富論』を書いたとき、複式簿記は300年以上前のものだったが、1776年には英国人の50%が読み書きができず、公立学校も存在しなかった。

    アメリカはスプートニク以来、学校で会計・財務を必修にすることができたはずだ。そうすれば、誰もが自分自身の利益に最も役立つようになったのではないだろうか?しかし、「見えざる手」について宣伝する人々が、会計の義務化を提唱するのを聞くことはない。なぜなら、そうすれば彼らの見えないぼったくりがより困難になるかもしれないからだ。

    アダム・スミスは「減価償却」という言葉を使わなかった。彼は紙幣が減価することに一度だけ言及しました。 マルクスは『資本論』の中で何度も「減価償却」について書いていますが、時には機械の減価償却について書いています。

    1885年以前は、消費者は自動車もエアコンもテレビも買っていない。
    マルクスは1883年に死去した。

    でも、いいんです!我々の優秀なエコノミストたちは、今日もアンダーエンジニアの消費者ゴミの減価償却について語らない。買い換えるたびに、その購入額はGDPに加算されるのだ。NDPについてはどうだろう?あ、すみません、経済学者がNDPを説明するのを聞いたことがないのですね。 彼らは資本財の減価償却だけを行い、消費者向けガラクタの減価償却は無視するのです。

    国富論』はおそらく非常に長い間パブリックドメインであったが、安価なコンピューティングによって2001年3月17日までプロジェクト・グーテンベルクで利用可能であった。ミルトン・フリードマンは2006年に亡くなっている。フリードマンは経済学について率直な意見を述べたのだろうか、それとも何十年もわれわれを馬鹿扱いしたのだろうか?

コメントを残す

ダイナミッククーポンは正常に削除されました。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください