簡単な3つのステップでアメリカを破壊する方法 要約
| |

アメリカを3ステップで破壊する方法 まとめ|ベン・シャピロ

忙しい毎日です。ある 簡単な3つのステップでアメリカを破壊する方法 本棚で埃をかぶっていませんか?そうではなく、今すぐ重要なアイデアを手に取ってみてください。

ここでは、その表面だけを取り上げています。この本をまだお持ちでない方は、以下の本をご注文ください。 書籍 を手に入れるか オーディオブック無料 をクリックすると、詳細をご覧いただけます。

免責事項:StoryShotsは教育サービスです。私たちは政治的に中立の立場をとっています。

オーディオブック『3ステップでアメリカを滅ぼす方法』の要約を聴く

オーディオブックの要約を聞く をStoryShotsのアプリでご覧ください。

概要

How to Destroy America in Three Easy Stepsは、アメリカが失われたと主張する本である。アメリカ人は、何がアメリカを特別なものにしているのかに同意することができない。それどころか、アメリカ人はアメリカが特別であることを受け入れることさえできない。この本の大部分は、崩壊論者の考えに基づいている。この人たちは、アメリカを抑圧が競合する社会と見なしています。ベン・シャピロはこの人たちに異を唱え、アメリカが築かれた価値観を攻撃していると考えています。そして、ベンは、アメリカが再びまとまった国になるにはどうしたらよいかを論じています。さらに、アメリカの結束を取り戻さなければ、破滅が待っていることを警告しています。

ベン・シャピロ氏の視点

ベン・シャピロは、保守派の政治評論家、メディア司会者、弁護士。17歳で全米最年少のシンジケート・ジャーナリストとなる。The Daily Wireの編集長であり、The Ben Shapiro Showという政治ポッドキャストを毎日配信している。 

ベンはなぜこの本を書いたのか

ベンはこの本の冒頭で、アメリカがかつてないほど分断されていることを示唆する数々の統計データを説明する。アメリカの赤い部分はより赤くなり、青い部分はより青くなっているのです。本書の冒頭で彼が示す最も重要な統計データをいくつか紹介しよう。

  • 共和党員の54%が、民主党は唾棄すべき存在だと考えている。
  • 民主党の61%が共和党は人種差別的、偏見的、性差別的であると考えている。
  • 共和党、民主党ともに約20%が反対派を悪とみなしている
  • 民主党の70%が共和党は閉鎖的であると考え、共和党の52%が民主党と同じ考えである。

アメリカを素晴らしい国にしているのは、国民に提供している個人の権利である。この本には、アメリカはどの国よりも自由を提供していると書かれています。 

自由市場資本主義を守るために

この本の中でベンは、アメリカの自由市場資本主義に対する左派の主張に対して、反論を述べている。アメリカは真の「自由市場」ではない。縁故資本主義や中央国家の干渉がアメリカに大きな影響を与えている。例えば、テスラは政府がクリーンエネルギーを使う方向に推し進めることで利益を得ることができる。政府は経済を操作しているのです。沿岸部のエリートや産業界に有利になるように、経済を操作しているのだ。

ベンは、さらに自由な市場を擁護する。彼は、資本主義が導入されて以来、GDPが15,000%増加したことを指摘する。さらに、自由市場である資本主義経済以外では想像もつかないほどのスピードで技術が進歩している。 

北欧諸国を社会主義の成功国として偶像化するのはやめるべき

ベン氏は、デンマーク、スウェーデン、ノルウェーといった国々が、社会主義がどのように機能するかの例として使われるのをやめるべきだと指摘している。北欧諸国は実は自由市場経済なのだ。実際、デンマークは経済自由度指数でアメリカより上位にランクされている。スウェーデンとノルウェーも同様に、経済自由度指数で非常に高いランクにある。市場経済でありながら、社会的に非常に寛大であることが可能なのです。北欧諸国はその一例です。 

彼らが気前よく悩む必要がない理由は複数ある。

  1. 外部からの防御がある
  2. 人口が非常に少ない(アメリカの主要都市並み)
  3. 犯罪が少ないほど均質性がある

かいとう派とれんごう派

今、アメリカでは、崩壊派と組合派が一つの分かれ目になっている。

かいとうは

崩壊論者は、アメリカの国家という共有意識を侵食している。彼らは、人間の本性は無限に可鍛性であるという考えを信奉しています。さらに、法の下の平等は権力と利益を維持するためのものに過ぎないと考えている。崩壊論者はまた、契約の自由は問題であり、搾取は踏み潰せるバグではなく、システムの特徴であると主張する。 

本書は、崩壊論者の基本的な特徴を概説したものである。

  • Intersectionality - 被害者論と異なる被害者集団の交差点。これにより、被害者性のヒエラルキーが形成される
  • 差別としての格差 - 生活のあらゆる場面で格差があると差別とみなされる
  • 人種はもっと考慮されるべきです - 人種は現在よりももっと会話に関与すべきであり、関与が少なくなるべきではありません。人種は、システムがどのように機能しているかを検討し評価するために使われるべきです。オルト・ライトのように、これらの人々は、私たちが考える方法、考える内容、そして意思決定の方法に、人種がもっと関与することを望んでいる。

人間の無限に柔軟な性質は、人種間の不平等を政府の責任にすることを意味する。人々を平等にするために形を整えないのは政府の責任である。このグループの人々は、自然権が存在するのではなく、政府が権利を供給していると考えている。したがって、政府は制度をより平等にするために権利を取り上げることができると考えている。機会の平等だけでなく、結果の平等が強調されている。 

ポジティブな権利

崩壊論者は、住宅や医療といったものに対する積極的な権利を作り出したいと考えています。しかし、この主張の問題点は、最終的に他人の権利を侵害しなければならないことです。もしあなたが住宅に対する権利を持っているならば、誰かに住宅を建てることを強制しなければならない。医療を受ける権利があるなら、その医療を提供することを誰かに強制しなければならない。 

格差は自動的に差別と同じになる

格差があるということは、不正や差別があるということだと分解派は考えています。しかも、その後に平等を作るために差別が必要なのです。基本的に、不平等があれば、平等を作るために、先行している人を差別しなければならないのです。これはまた、悪用を防ぐために、時には権利を破棄しなければならないことも意味します。その好例が、銃器を持つ権利です。 

法律ではなく、道徳の政府。権利の政府、美徳ではない

崩壊論者は、道徳的な人々を製造する政府を望んでいる。彼らは、合理的に法律を作る政府を望んでいません。その代わりに、彼らはモラルを作り、そのモラルを守るように人々に強制する政府を望んでいる。 

最小の少数派は個人である。したがって、暴徒は個人の権利を侵害することはできません。

アメリカにおける冒険心は打ち砕かれなければならない

アメリカの最大の強みは、その冒険心です。これは、アメリカンドリームと結びついています。私たちは、なりたいものになれるという考えです。私たちは皆、平等な権利を持っており、十分に働けば、自分自身の力で何かを成し遂げることができます。この精神は何世紀もの間、揺らぐことがありませんでした。

産業界のキャプテン、中小企業の人々、投資家、技術者たちは、アメリカの探検家であり、学生たちでした。彼らは冒険心の礎を築いた。そのため、夢を追いかけて家を出た人、よりよい生活を築くためにリスクを取った人は、誰もが冒険心に突き動かされていたのです。

にもかかわらず、分解主義者はこの精神を打ち消すことを目的としている。彼らは、この冒険心を危険視しているのです。この精神は、自分たちが目指している、政府によって組織されたまとまった社会を脅かすものだと考えている。さらに、彼らは起業家が社会にとって脅威であるという見解を持っている。起業家は物事の「公正な」秩序を乱し、起業家精神は実は社会の不平等や残虐性の源であるという。億万長者は悪人だと考えている。これをもとに、崩壊論者はアメリカ人の精神を減衰させたいと考えている。 

文化

立証責任は、政府がある権利を排除することが許されることを証明しなければならないことから、シフトしています。今は、個人がその権利を持つべきことを証明しなければならないのです。自然権という考え方は侵食されています。この変化は、政府が、ある権利を認めるべき理由をあなたに尋ねるようになったということです。

崩壊派とアメリカ史

崩壊論者のアメリカ史の見方は、後で述べるベンの見方とは大きく異なる。崩壊主義者の見解は、3つの基本原則に基づいている。

  1. アメリカは悪の国から生まれた
  2. アメリカは完全に分断されており、この分断を解決することはできない。なぜなら、アメリカは建国理念を解体した過去から逃れようと必死になっているからです
  3. アメリカは罪の中に生まれ、決して贖罪されることはない。彼らは、アメリカが奴隷貿易に関与し、ネイティブアメリカンを彼らの土地から追い出したことは、アメリカがいかなる道徳的レベルでも支持されないことを意味すると信じています。

基本的に、崩壊論者は、アメリカから生まれたあらゆる偉大さは、その建国の原則にもかかわらず、そのためではないと主張する。このようなアメリカの歴史観を持ちながら、崩壊論者は、アメリカは永遠に呪われていると考えている。彼らは、現代のアメリカのすべての悪事を、過去に起こった悪い出来事のせいにしている。個人を重視するのではなく、歴史を振り返ることを好む。 

ベンは、プリンストン大学の社会学教授であるマシュー・デスモンドを、現代の崩壊主義者の代表例として挙げている。彼は、「アメリカ資本主義の残虐性を理解するためには、農園から始めなければならない」と言ったと引用している。 

連合国

ベンは、この組合を、共通の哲学、文化、歴史に裏打ちされたものと表現しています。

哲学 - 権利はいかにして生まれ、いかにして守られるか?

歴史的に見れば、王は常に権利を与えていたのです。王は権利を与えることも、また瞬時に取り上げることもできたのです。これに代わるものとして、自然権という考え方がありました。ベンは、アメリカという国の成り立ちの先駆けとして、エルサレムの例を挙げています。エルサレムは、個人主義という考えに基づいて建設されました。具体的には、一人ひとりが神の姿に似せてつくられている。これは、人を単に集団や構成員で見るのではなく、個人を単位として見るという考え方の原点です。そして、アテネは理性の力を提供した。情熱や権力者(王など)ではなく、理性に基づいて運営されたのである。理性は、何が正しくて何が正しくないかを判断するために使われる。  

アメリカの建国者たちは、このエルサレムとアテネの強い特徴を組み合わせて、アメリカ政府を形成したと、組合主義者たちは考えている。彼らは、可能な限り広い立場から権利を創造しようとした。それらは、何かによって創造されたという単なる事実から来るものであるため、自然権であった。政府は、これらの権利の源ではなく、その保護者である。これは非常に重要な違いである。 

ベンは、個人として他人の権利を守らなければならないと説明します。これは、私たちが好きでもない人の権利を守ることを意味します。組合に基づく文化とは、個人が国家の基礎として権利を信じることを必要とするものです。したがって、アメリカ人は法的要件を超えた権利の適用を信じなければなりません。法律は権利の侵害に対する最終的な障壁としてのみ機能し、それらは最初の防衛線ではありません。 

権利を守るもう一つの方法は、徳によって権利を補完することです。権利だけでは、良いことだけをする社会は作れません。黒人の生徒がランチ・カウンターから締め出されたときにも、権利は存在していたのです。美徳は、政府以外の社会基盤にあります。私たちの社会基盤は、道徳と宗教によって支えられています。権利は私たちが一緒に暮らすことを可能にしますが、もし私たちがお互いを憎むなら、私たちは他の人の権利を侵食し始めるでしょう。したがって、これは、私たちが権利と美徳と義務を組み合わせなければならないことを意味します。 

文化 - 権利を基盤とした文化

ユニオンの文化へのアプローチは、4つの明確な要素に支えられています。

  1. 他人の権利に対する強靭な精神的寛容さ。これは、他人の権利行使が気に入らない場合に特に重要です。ただ、その行為は彼らの権利であることを自分自身に思い出させ、同意しないことに同意する必要があります。 
  2. 私たちの社会構造は、社会制度によって作られています。これらの制度は、私たちに道徳を強制する政府がない場合、私たちがお互いを信頼するのを助けます。
  3. 自由は非常に重要です。私たちは、自分の自由と他人の自由のために、進んで立ち向かわなければなりません
  4. 冒険心を持った人が報われること

これらの文化的要素のひとつひとつは、アメリカの哲学に基づいている。その哲学は、アメリカの生活や考え方のあらゆる部分にしみ込んでいる。このような文化をアメリカに取り入れるためには、アメリカの建国の哲学に再び触れる必要があります。

ユニオンとアメリカの歴史

"アメリカ人は歴史を全く知らない人が増えている。そして、なぜそうしなければならないのか。アメリカの歴史を理解することは、おそらく過去について学ぶことであり、その過去について学ぶことは、崩壊主義者の目的を達成することにはならない。"- ベン・シャピロ

ベンは、アメリカの歴史が、いかにアメリカ建国文書の約束を果たそうとするものであるかを説明しています。アメリカは不完全です。しかし、それでも世界における善の力である。アメリカの歴史は、建国の理念を実現するために、常に向上してきた物語です。この改善は、独立宣言をはじめとするアメリカの重要な制度に支えられています。

アメリカの歴史は、アメリカの哲学と文化の根源である。その歴史は、ヒロイズムやビジョン、理想主義や勇気に満ちている。しかし、アメリカの歴史は残酷さも含んでいた。しかし、時空を超えて完璧な国家は存在しない。より広い視野で他国の歴史を見ると、アメリカの歴史が他国よりはるかに偉大であることが容易に理解できる。アメリカがなかったら、世界はもっとひどいことになっていただろう。個人の権利は世界中で侵食されていただろう。

アメリカの真の礎

Ben Shapiroは、権利がどのように理性に基づいて発展してきたかを概説しています。以下は、彼が提示した例の一部である。

  • マグナ・カルタは、今日のアメリカに見られる適正手続きの基礎を提供しました
  • バージニア権利宣言は、アメリカの権利章典の前身である

さらにベンは、アメリカの基盤は組合であると指摘する。もし奴隷制が決定的な問題であれば、アメリカは存在しないだろうと説明する。南北の連合がなければ、アメリカは存在しないのです。 

建国の父たちは、アメリカを築き上げました。彼らは、将来のアメリカが独立宣言と憲法の約束を果たし続けることを期待した。しかし、この宣言が完璧であったというわけではありません。ある種の人々は、この宣言の中で尊重されなかった。にもかかわらず、父祖たちは、自分たちの子供たちや次の子孫たちが、それらの権利を時間をかけて確実に守っていくことを確信していたのです。ベンは、これが約束され、守られたものであると信じている。 

地方自治体が一番よく知っている。地方自治体は自分たちの地域で何が起きているのかよく理解しています。したがって、彼らが最もよく統治し、最善の方法を見出すことができるのです。

総括的なポイント

アメリカには、歴史、哲学、文化を共有することが必要です。これらはすべて、アメリカの「実験」を継続させるための基本的なものです。アメリカ人は、アメリカの歴史と独立宣言を振り返って、その指針を得る必要があります。アメリカはますます分断された国家になりつつある。アメリカは、どのように建国されたのか、何がアメリカを偉大にしているのか、そしてどうすれば再び偉大になれるのかを思い出す必要があるのです。

ベンはこの本の最後に、自分の子供たちをどのように育てたいかを述べている。彼はこれを、組合を基盤とした未来の世代の創造を支援する方法の比喩として使っています。まず、子どもたちに価値観を教えなければなりません。そして、その価値観を世の中に適用させなければならない。子どもたちは、訓練された後、自分自身で選択しなければなりません。さらに、私たちは再び冒険心を植え付ける手助けをしなければなりません。それは、子どもたちを信頼し、私たちが教えた価値観に基づいて子どもたち自身に決断させることで初めて可能になるのです。ベンは自分や他人の子どもたちに、他人から与えられた特権ではなく、他人に対する権利を持たせたいと考えています。 


この要約についてのフィードバックや、学んだことを共有したい場合は、以下にコメントするか、ツイートしてください。 STORYSHOTS.

StoryShotsのご利用は初めてですか?この要約の音声版とアニメーション版をはじめ、ベストセラーのノンフィクション本数百冊を私たちのサイトで入手できます。 無料トップランキングアプリ Apple、The Guardian、The UN、Googleなど175カ国で#1が紹介されています。

本の注文 またはオーディオブックを入手する ただで をAmazonで購入し、詳細をご覧ください。

不屈の精神

民主党はアメリカを憎んでいる

約束の地

カースト

ブラックアウト

ベンジャミン・フランクリン自伝

ホワイト・フラグリティー

経済はどのように成長し、なぜ崩壊するのか?

パワーの48の法則

反差別主義者になるには

人生における12のルール

マルコムXの自伝

なぜ国は滅びるのか

暴君について

マーティン・ルーサー・キング自伝

簡単な3ステップでアメリカへ行く方法 まとめ
  • 保存

類似の投稿

3コメント

  1. 私がやめてほしいと思うことのひとつは、アメリカが他の国々と比べてどれだけ「自由」であるかを偽って主張することです。日本人の大群や質の高い国の人々がアメリカに集まってくることはない。ただ、白人の無知を利用しようとする貧しい人々の集まりだ。アメリカで自由があるのは堕落した連中だけだ。トランスがなぜ殺人やレイプをしても逃げられるのか、あるいは刑罰が軽いのか説明してくれ。民主党が悪でないなら、なぜあれほど赤ん坊殺しに執着するのか。なぜ彼らは批判的人種理論を強要するのか?共和党でさえも罪はない。だから共産主義者とアホと犯罪者にしか魅力のない国なんだよ。

    赤ちゃん殺しとホモセクシャルが国全体を牛耳っているから、彼らが言うことは何でも通るんだ。みんな仲良くしたいのに、自分の国にいろんな人が住んでいて、好き勝手やっているのに、「多様性が強みだ」なんて、残酷なジョークですよね。主要都市の半分が第三国みたいで、被害者意識が強い人たちが他の人たちよりも多くの権利を持っているような国は、素晴らしい国とは言えないと思うんだ。

    シカゴのようなところでは、銃撃されずに生活することさえできません。デトロイトやオークランドでも同じことが言えるのです。これらの犯罪の大部分を占めるのは誰でしょう?黒人とヒスパニック系のブラウンズです。ヒスパニック系住民でさえ、彼らの流入を許しているアメリカ人は愚かだと言っています。

    日本は人口が減少しているかもしれないが、少なくとも彼らの国は、自由と呼ばれるBSから本当に安全である。アメリカは決して自由な国ではなかった。カリフォルニアが共産主義でなくなり、BLMが国を動かし、学校が子供を洗脳するのをやめ、文化が存在しなくなり、代名詞の人々が話し方をコントロールできなくなったら、また戻ってきて自由について語ろうじゃないか。最も自由な国だ。アメリカで一番病んでる奴らは自由しかない、だから2020年には殺人も含めて物を破壊しても罰せられないんだ。

コメントを残す

ダイナミッククーポンは正常に削除されました。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください