炎の翼』要約 アブドゥル・カラム伝記本
| | | | | | | |

アブドゥル・カラム著『Wings of Fire』概要と分析

自叙伝

炎の翼』要約 アブドゥル・カラム伝記本

忙しい毎日です。ある 炎の翼 本棚で埃をかぶっていませんか?そうではなく、今すぐ重要なアイデアを手に取ってみてください。

私たちはここで表面を削っているのです。この本をまだお持ちでない方は、ぜひご注文ください。 これ を手に入れるか オーディオブック無料 をクリックすると、その詳細をご覧いただけます。

アブドゥル・カラムの視点

アブドゥル・カラム は、インドで最も著名な科学者の一人である。航空宇宙工学者、教授、インド宇宙科学技術研究所の理事長を務めた。また、2002年から2007年まで第11代インド大統領を務めた。大統領在任中は、「国民の大統領」として親しまれた。

インド初の衛星打ち上げロケット「SLV-3」の開発を担当。弾道ミサイルと宇宙ロケット技術を開発したことから、インドのミサイルマンとして親しまれている。1998年、1974年の最初の核実験以来初となるポクラン2号機の核実験にも中心的な役割を果たした。

また、30大学から名誉博士号を授与されたほか、パドマ・ブーシャン(1981年)、パドマ・ヴィブーシャン(1990年)、バラット・ラトナ(1997年)という国内三大民間最高栄誉賞も受賞しています。

聞く

オーディオブックの要約を聞く 炎の翼.

はじめに

炎の翼 は、インドの元大統領、アブドゥル・カラム博士の自伝です。南インドの貧しい少年から、インドの核兵器を開発し、大統領になったカラム氏。この自伝を通して、読者は分割前のインドを垣間見ることができる。また、カラムがこれほどの成功を収めることができたのは、ポジティブな考え方やアイデアのおかげであることも読者に伝えています。本書は、無名時代のカラムの出世物語であり、個人的・職業的な苦悩の物語である。また、技術的な自給自足と防衛的な自立を目指した独立インドの闘いの物語でもある。

時計

StoryShot #1:カラムの生い立ち

カラムはこの本の冒頭で、彼の人生の始まりに触れている。彼は、インドのラーメスワラムで、安全な中流階級のタミール人の家庭に生まれた。父親は、裕福の証であるボートを所有していた。ラーメスワラムは、みんながお互いを支え合う、結束の固いコミュニティで、育つにはとてもいい環境だった。人々は、宗教やスピリチュアリティについてオープンに話すことを厭わなかったのです。カラムは幼い頃から、他の宗教を尊重する心を育んできました。彼の父親は、地元のモスクで導師をしていました。カラムは、信仰は人間として不可欠なものだと信じて育ちました。

家族は皆、カラムが一生懸命に働き、学校で優秀な成績を修めるよう励ました。カラムの家族は、夕食の席で科学の最新の進歩や画期的な新文献についてよく話していました。こうした会話が、カラムが育んだ学問への情熱の土台となったのです。カラムは両親と仲が良く、母親を親というより友人のようだと表現している。また、最も親しい友人であったアーメッド・ジャラルディンのことも読者に紹介されている。アハメッドは15歳ほど年上だったため、カラムは幼い頃から知的、精神的に成熟していた。二人は頻繁に一緒にモスクを訪れ、イスラム教について語り合った。 

StoryShot #2: 高校で難しい授業を学ぶ

最先端の技術や科学を学びたいという夢を叶えるため、カラムは故郷を離れ、ラマナタプラムにあるシュワルツ高校に通うことになった。当初、カラムは学校生活を存分に楽しんでいた。しかし、ある日、新しい教師がやってきた。ラメスワラム・シャストリーというその教師は、カラムがヒンドゥー教徒の生徒の隣に座っているのを見た。この先生は、カラム君がヒンドゥー教の生徒の隣に座っているのを見て、「これはいけないことだ」と言い、カラム君を教室の後ろに追いやることにしました。これは、インド分割の際に人々が抱いた信念の初期の例である。この経験を経て、カラムは偏見という毒を自ら撒き散らすのではなく、蔓延を食い止めようと決意した。彼は、インド分割の最中もその後も、生涯を通じてあらゆる宗教にオープンであり続けました。

カラムは幼い頃、兄の経済的苦境を軽減するために新聞を売ったことがある。この本の中でカラムは、友人や家族の要求とサポートが人生の成功の礎になったと讃えている。

アブドゥル・カラム著「Wings of Fire」概要レビュー 引用元:無料オーディオブック インフォグラフィック storyshots
  • 保存

StoryShot #3:カラムが初めて経験したエンジニアリング

カラムは高校時代を通じて優秀な成績を収め続け、特に科学に興味を持ち続けました。物理学の学士号を取得した後、アブドゥル・カラムは、自分の夢を実現するためには工学に携わる必要があることに気づきました。そこで彼は、マドラス工科大学の工学部への進学を選択した。しかし、比較的裕福な家庭の出身であるにもかかわらず、入学金は彼にとって高すぎるものだった。しかし、長女の姉が彼の可能性を見抜き、入学を許可してくれた。姉は、マドラス工科大学在学中の早い段階から、彼を経済的に支えてくれた。 

StoryShot #4:空を飛ぶことを学ぶ

この寛大さに励まされ、カラムさんは奨学金を得るためにできる限り努力するようになった。その努力は実を結び、姉の経済的負担を軽減することができた。学問的な成功だけでなく、カラムは自分の夢を実現するための努力もしていた。彼はずっと飛行機を飛ばすことを夢見ていた。だから、カラムが大学での専攻を航空工学に決めたのは、非常に理にかなっている。

カラムは、これから工学を学ぶ学生たちにアドバイスをしている。具体的には、『彼らが専門分野を選ぶとき、その選択が自分の内なる感情や願望を明確に表しているかどうかが重要なポイントになる』と言うのです。カラムが航空工学の道を選んだのは、自分の情熱に合致していたからだ。カラムは、未来のエンジニア、そしてすべての未来のプロフェッショナルは、自分の夢と一致する役割を選ぶべきだと提案しています。これが最も重要な要素です。

StoryShot #5: 仕事を探している。

大学卒業後、カラムは2つの情熱のどちらかを選ばなければならなかった。第一の選択肢は空軍に入ること。もう1つは、技術開発生産局(Directorate of Technical Development and Production)に就職することである。後者は、インド国防省に就職することになる。空を飛ぶという夢を実現するために空軍を志願したが、結局は不合格となった。 

カラムは当初、落胆していた。そこで、スピリチュアルな指導者であり、作家であり、ヨガの導師でもあるスワミ・シヴァナンダと出会ったのです。この出会いは、カラムにとって人生で最も重要な出来事の一つであった。シヴァナンダは、自分の運命を受け入れて、自分の人生を歩むべきだと教えてくれた。過去のことをくよくよ考えても仕方がない。それよりも、カラムは前に進んだほうがいい。カラムがしたことは、まさにこれだった。彼は、技術開発生産局で上級科学補佐員として働き、航空工学への情熱をまだ生かすことができた。 

その中で、カラム氏は大きな挫折を味わった。彼は、航空機の設計に与えられた自由を存分に楽しんだ。彼が設計したのは、「ナンディ」と呼ばれる国産ホバークラフトです。このホバークラフトを設計するために、カラムは懸命に努力し、革新的な技術を駆使した。しかし、このホバークラフトは、新省庁から輸入するように言われ、却下された。つまり、カラムは、自分の仕事は十分ではないと言われたのだ。しかし、カラムは前向きだった。シヴァナンダの教えを思い出したのだ。人生には、どうしようもない出来事もある。

StoryShot #6: カラムの運命は変わる。

カラム氏のデザインした「ナンディ」は、当初は却下されたものの、これで終わりではない。このデザインは、すでに興味と話題を呼んでいたのだ。そして、まるで運命が訪れたかのように、インド宇宙研究委員会がカラム氏を面接に招いたのである。ロケット・エンジニアになるための面接だった。この面接で、彼はインド宇宙計画の父であるサラバイ教授に出会います。そして、ロケットエンジニアとして長い年月を過ごすことになったのです。ですから、この部分の大部分は教育的な内容になっています。カラムは、インド国内にあるさまざまな宇宙ステーションや組織について概説しています。最初の挫折の後、カラムはロケット科学に秀でた才能を発揮しました。SLV-3の打ち上げに成功し、パドマ・ブーシャン賞を受賞しました。パドマ・ブーシャンは、インド共和国の民間人としては2番目に高い賞である。その後、国防研究開発機構でロケット開発に従事。カラムは5種類のミサイルを開発する「統合誘導ミサイル開発計画」を導入し、成功させた。インドのミサイル計画の成功により、パドマ・ヴィブーシャン勲章を受章。失敗こそ学びの種と考え、失敗を繰り返してもインドが技術的リーダーになれると信じていた。

また、サラバイ教授からは、経営やリーダーシップに関する多くの貴重な教訓を学んだ。キャリアの初期段階において、カラムは、指示を与えるよりも自由な意見交換の方が望ましいと信じていた。また、カラムは、リーダーはどのレベルにも存在することを学びました。

StoryShot #7: カラムの仕事への取り組み方

カラムは、プロジェクトリーダーでありながら、厳しいスケジュールをこなしていた。まず、オフィスに入り、テーブルをきれいにする。そうすることで、カラムは効率よく仕事ができる環境を整えることができた。机を片付けたら、すぐに取りかかるべき書類に優先順位をつけていく。その間に、その書類以外のものを視界から消してしまうのだ。そうすることで、やるべきことを見つけたときに、すぐに行動に移せるようになったのだ。特に、インパクトのある仕事、印象に残る仕事、一刻を争う仕事には、その傾向が強かった。 

カラムの一般的な仕事ぶりは、大胆で、完璧を目指す執念があった。彼の目には、完璧を目指すには、過去に間違いを犯し、そこから学ぶことが必要だと映った。だから、失敗も学習の一部と考え、それを許容することを好んだ。間違いは避けられないが、おおむね対処可能であるため、この方法を採用することにしたのです。カラムは、間違いを正すスキルを身につけることで、自分自身の教養を高めることを提案しています。 

この精神に基づき、カラムは1997年にバラット・ラトナ、1990年にパドマ・ヴィブーシャン、1981年にパドマ・ブーシャンと、インドの三大民間賞を受賞している。また、世界の30以上の大学から名誉学位を授与されている。

StoryShot #8:カラムの死

本書では取り上げていないが、カラムの死は、彼がどのような人物であったかを踏襲している。具体的には、カラムは理系の学生を相手にスピーチをしている最中に心停止で亡くなった。彼は、インドの科学技術への理解を深めることに生涯を捧げた。

StoryShot #9: The Three Mighty Forces(3つの強大な力

人生で成功し、結果を出すためには、3つの強大な力を実現し、理解する必要があります。 

  1. 欲望
  2. 信念
  3. 期待すること

これらは、カラムを成功へと導く最も重要な力だった。彼は、科学技術を通じてインドに変化をもたらしたいと考えていました。また、カラムは自分の能力と、その欲望に自分を導いてくれる神を信じていた。この信念は強く、空軍を不合格になったときなどの挫折にも動じなかった。諦めるのではなく、カラムは、自分の人生が、より補完的な別の道へと導いてくれているだけなのだと受け入れたのです。最後に、カラムは、自分の人生に期待を持つことが必要であると説いています。期待することで、目標を設定し、それに従って行動することができます。期待しなければ、成功も失敗もない。重要なのは、期待することによって、失敗を見極め、その経験から学ぶことができるということです。

炎の翼の最終的なまとめとレビュー

炎の翼 は、インドの歴史において最も影響力のある人物の一人の生涯をカバーしています。アブドゥル・カラムは、母国に大きな政治的影響を与えただけでなく、科学の世界にも影響を与えました。本書から受け取れるメッセージは、願望、信念、期待を目標達成のために使うということです。

炎の翼の名言集

"夢とは、眠っている間に見るものではなく、眠らせないものである"- アブドゥル・カラム「炎の翼

「学習が目的化されると、創造性が開花する。創造性が開花すれば、思考が発露する。思考が発せられると、知識が十分に灯される。知識が灯されたとき、経済は繁栄する。- アブドゥル・カラム「炎の翼

「F.A.I.L.とは、First Attempt In Learningの略で、失敗しても決してあきらめないという意味です。E.N.D.とは、Effort Never Dies(努力は死なない)という意味です。もし、答えとしてNoと言われたら、N.O.はNext Opportunity(次の機会)を意味することを思い出してください。"- アブドゥル・カラム「炎の翼

評価

Wings of Fireを4.4/5と評価します。

この要約に基づいて、アブドゥル・カラムの本をどう評価しますか?

この本を評価するにはクリックしてください!
[合計 75 平均値。 4.3]

炎の翼」PDF、無料オーディオブック、アニメーションの概要

これは氷山の一角であった。詳細を知りたい方、著者を応援したい方は、以下の本をご注文ください。 書籍 またはオーディオブックを入手する ただで.

ここで学んだ教訓はいかがでしたか?コメントやシェアであなたの関心を示してください。

StoryShotsのご利用は初めてですか?Wings of Fireの分析・レビューのPDF版、無料音声版、アニメーション版をはじめ、ベストセラーとなった数多くのノンフィクションをご紹介しています。 無料トップランキングアプリ Apple、The Guardian、The UN、Googleから世界最高の読書・学習アプリの一つとして紹介されています。

関連書籍の要約

ガンジー マハトマ・ガンディー著

イーロン・マスク by Ashlee Vance

キャント・ハート・ミー デヴィッド・ゴギンズ著

自由への長い道のり by ネルソン・マンデラ

マーティン・ルーサー・キング自伝 マーティン・ルーサー・キング著

わたしはマララ マララ・ユサフザイ著

反差別主義者になるには イブラム・X・ケンディ著

ボーン・ア・クライム by トレバー・ノア

希望のオーダシティ by バラク・オバマ

人間の意味への探求 ビクター・フランクル著

類似の投稿

2コメント

コメントを残す

ダイナミッククーポンは正常に削除されました。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください