国家はなぜ破綻するのか

なぜ国家は破綻するのか』概要とレビュー|ダロン・アセモグル&ジェームズ・A・ロビンソン

忙しい毎日です。ある なぜ国は滅びるのか 本棚で埃をかぶっていませんか?そうではなく、今すぐ重要なアイデアを手に取ってみてください。

ここでは、その表面だけを取り上げています。この本をまだお持ちでない方は、以下の本をご注文ください。 書籍 を手に入れるか オーディオブック無料 をクリックすると、詳細をご覧いただけます。

Daron Acemogluについて

ダロン・アセモグルとジェームズ・A・ロビンソンは共著で『なぜ国家は破綻するのか』を発表した。The Origins of Power, Prosperity, and Poverty(権力、繁栄、貧困の起源)」を共著しています。この著者たちについて知っておくべきことは以下の通りです。

Daron Acemogluは、著名な経済学教授である。現在、MITで教鞭をとる。

約30年間の在職中に、著書を執筆。 数十の研究論文.彼の論文は、ネット上の誤報(=「フェイクニュース」)からサプライチェーンの混乱に至るまで、あらゆるものをカバーしている。

アセモグルは、エリザベス・アンド・ジェームズ・キリアン経済学教授という名誉ある肩書きを持つ。2019年、MITは彼をインスティテュート・プロフェッサーにも指名した。この称号は、MITで教授が受けることのできる最高の名誉である。

James A. Robinsonは、経済学と政治学の教授でもある。シカゴ大学ハリス公共政策大学院で教鞭をとる。エール大学で経済学の博士号を取得。

また、ハーバード大学、カリフォルニア大学バークレー校、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で教鞭をとった経験もある。

専門は外交関係論。経済制度というレンズを通して各国の違いを研究している。

もっと読みたいという方は、彼の他の著書もご覧になってみてください。著書に『The Narrow Corridor』『Economic Origins of Dictators and Democracy』がある。

はじめに

なぜ、ある国は貧しく、ある国は繁栄しているのか?この問いが、『なぜ国家は破綻するのか』の物語の中心的な原動力となっています。

そして、その答えは重要なものです。なぜでしょうか?米国だけを見ても 経済的不平等が原因で 米国の家庭のうち20%のみ 国民所得の50%以上を稼ぎ出している。

国ごとの統計で見ると、貧富の差はさらに大きくなる。そこで、アセモグルとロビンソンは、なぜ世界的に富のばらつきが大きいのか、という問題を取り上げる。

彼らの主張については、後述の「なぜ国家は破綻するのか」の分析で紹介する。

StoryShot #1:国家が破綻した理由を説明するには、地理、文化、無知だけでは十分ではない

アセモグルとロビンソンは、「なぜ国家は破綻するのか」の冒頭で、興味深い事例を紹介している。ノガレスはアリゾナ州とメキシコのソノラ州の国境にある都市である。アリゾナ州ノガレスはソノラ州ノガレスよりはるかに裕福な都市である。何が違うのだろう?

生活水準の違いを説明しようとする3つの理論がある。これらの理論は、なぜある国が他の国よりも繁栄しているのかを示してくれるはずです。その理論とは

  • 地理的仮説
  • 文化仮説
  • 無知の仮説

以下、それぞれの理論の意味について説明します。さらに、本の中に出てくる実例を紹介します。これらの例は、それぞれの理論がなぜうまくいかないのかを示すのに役立ちます。

地理・文化・無知の仮説の説明

地理的仮説は、暖かい国の人々は怠惰であると主張する。一方、気温の高い国の労働者は生産性が高いというものです。

現在では、この理論は病気のような要因にまで広がっている。多くの病気は、温暖な気候の国々をはるかに凌駕している。

しかし、ノガレスはこの説を真っ向から否定する。両都市の住民は、同じ気候、同じ病気を経験しているのだ。それなのに、なぜ生活水準がこれほどまでに違うのだろうか。

もうひとつの有力な説は「文化仮説」である。この仮説は、宗教、特にプロテスタントの宗教が、より優れた労働倫理をもたらすとするものです。

プロテスタントは先進国でより一般的である。おそらく、この事実が文化論を証明するのに役立つと思われます。

AcemogluとRobinsonは韓国を使って文化仮説に反論している。朝鮮戦争が起こるまで、これらの国々は一つの国として存在していた。彼らは同じ宗教と文化を共有していた。

しかし、なぜ韓国は繁栄しているのに、北朝鮮は経済が停滞しているのだろうか。

本書で提唱されている最後の理論は、「無知仮説」である。無知仮説とは、途上国には知識がない、というものである。つまり、どのような政策が自国の経済を刺激するのかを知らないということである。

残念ながら、この理論ではアフリカや中東のような地域は説明できない。欧米の思想家は、これらの地域に情報をもたらした。しかし、その知識は彼らの経済を向上させるためにほとんど役に立っていない。

StoryShot #2: Why some nations are rich and others are poor Explained Political Institutions(ある国が豊かで、ある国が貧しい理由を説明する政治制度

なぜある国が破綻するのか、一般的な理論はどれも通用しない。そこで、アセモグルとロビンソンは第4の理論を提唱した。彼らは、もっとわかりやすい説明があると考えている。

豊かな国と貧しい国の違いは、その経済的・政治的制度にある。

各国の経済・政治政策は、一般的に2つの陣営に分けられる。

  1. 抽出物
  2. インクルーシブ

搾取的政策は、ある集団の所得を搾取する傾向がある。この集団は下層階級であることが多い。

そして、その所得は別の集団に再分配される。この第二のグループは通常、裕福なエリートです。

これと対照的なのが、包括的な政府です。包括的政策は経済への幅広い参加を促すものです。

包括的な政策をとっている国の例として、米国があります。米国では、ほとんどの人が生活のために働き、賃金を収入として持ち帰ることができます。そして、この参加が経済を活性化させるのです。

さらに、包括的な国々は多元的です。多元主義とは、あらゆる利害が代表される制度を指します。この多元主義が権力の共有につながり、富の集中を防ぐのです。

逆に言えば、北朝鮮は行動する抽出機関である。金王朝は数十年にわたり北朝鮮を支配してきた。

専門家は、一般市民を搾取することで政治的支配を定義している。そしてこれらの政府は少数のエリートや裕福な家族の利益のために搾取します。

本書によれば、これが世界の富の不平等を説明できる唯一の理論である。本書の残りの部分では、なぜそうでなければならないかについての議論が展開されている。

StoryShot #3:クリティカルジャンクションは、制度の漂流を招く

AcemogluとRobinsonは、次節でそのポイントを整理する。しかし、その前に、なぜ同じような2つの国がこれほどまでにバラバラの制度を持つことができるのかについて説明している。この現象は、クリティカル・ジャンクションに依存している。

クリティカル・ジャンクションとは、同じような制度を持つ2つの国が乖離する原因となる出来事である。例えば、黒死病はヨーロッパの歴史におけるクリティカル・ジャンクションであった。

一方、西欧の農民は、より良い権利を求めて戦った。黒死病によって労働力の供給が減少したため、彼らにはそのための力があった。最終的には、このことがより多元的な政治制度につながったとさえ言える。

しかし、東欧の農民はそううまくはいかなかった。しかし、東欧の農民はそうではなかった。労働者階級に増税を要求したのだ。

このような状況は、封建制の拡大を招いた。そして、東欧諸国は今日でも封建制の影響を感じることができる。

では、なぜクリティカル・ジャンクションが重要なのでしょうか。その答えは、上記の例からわかるだろう。このような出来事によって、同じような2つの国が政治的、経済的に分裂してしまうことがあるのです。

経済学者はこれを制度的ドリフト(Institutional Drift)と呼んでいる。

クリティカルジャンクションが多く発生すると、制度的なドリフトが大きくなる。東欧と西欧は、今日、全く異なる政治・経済イデオロギーを持っている。そして、制度的ドリフトはその理由を説明するのに役立つ。

StoryShot #4: Inclusive Politics Breed Economic Growth(包括的な政治が経済成長をもたらす

なぜ、クリティカル・ジャンクションの影響は国によって異なるのだろうか?言い換えれば、なぜ黒死病は西洋では封建制の終焉につながったのに、東洋ではそうならなかったのでしょうか。

なぜ国家は失敗するのか』には、この問いに対する答えもある。歴史的に包容力のある国ほど、将来的に利益を得る可能性が高い。

例を挙げてみよう。14世紀に黒死病が発生しました。その100年前、イギリスではマグナ・カルタが発効された。

この文書は、政府に対する史上初のチェックアンドバランス方式であった。この文書では、英国の法律は一般市民だけに適用されるのではなく、国王や裕福な貴族にも適用されることが明記されていた。国王とその裕福な貴族にも適用されるものであった。

マグナ・カルタはまた、イギリス議会の最初の形跡を残した。選挙で選ばれた議員によって、より多元的な政治制度が実現したのである。

つまり、AcemogluとRobinsonは、黒死病がより包括的な制度を作り出したと仮定している。これは一般に西ヨーロッパで、特にイングランドで発生した。

その後600年の間に、イギリスは重大な局面を次々と経験した。1688年の革命やイングランド銀行の設立などがそれである。また、税制改革やインフラストラクチャーの改善も貢献した。

これらの出来事が、工業化への道を開いたのである。急速な工業化は、さらに資本主義への道を開いた。そして、資本主義が今日の経済成長の最も重要な推進力であることは間違いない。

本セクションのもうひとつのポイントは、包括的な政策が包括的な経済を生み出すということである。そして包括的な経済が、より包括的な政策のための余地を生み出す。

言い換えれば、包括的な制度を導入することで、包括的な政治と経済が実現するのです。そして、この効果は無限に続くのです。

インクルーシブな教育機関の本質的な資質

次のセクションに進む前に、ひとつだけ議論しておきましょう。それは、包括的な制度の特徴を理解することが不可欠だということです。

第一に、包括的な制度は多元的なものです。政治的権力は一部の裕福なエリートではなく、社会全体が握らなければならない。また、以下のような点も包括的制度の特徴である。

  • 政府が民間の投資や技術革新にインセンティブを与える
  • 投資やイノベーションを行う人々の権利を保護する法律がある
  • 投資やイノベーションを起こすための教育やインフラが整っている
  • 政府は多元的な性格を持つ
  • 法律は、裕福なエリートだけでなく、すべての市民のためになるものです。
  • 政府が暴力を独占している(武力行使の法的権利がある)。

では、上記のような資質を共有できない国や制度について説明します。

StoryShot #5: Uninclusive Politics Breed Economic Stagnostic (包括的でない政治は経済の停滞をもたらす)

包括的な政治は経済成長をもたらす。非包括的な、あるいは著者らが「抽出的制度」と呼ぶ制度は、その逆をもたらす。自分たちの利益のために集団を搾取する制度は、経済を停滞させる傾向がある。

なぜ国家は破綻するのか』の中で使われている例は、かつての植民地である。まず、植民地化した国々は、自国の利益のために現地の労働力と資源を搾取した。そして、彼らは去っていった。

今日、こうした非包括的な政策の遺産を旧植民地に見ることができる。かつて遠い国の支配下にあった国々は、今も経済を軌道に乗せるのに苦労しています。

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。やはり、普通の人にとっては、国が豊かになることは良いことなのでしょう。

しかし、一国の支配者であるエリートの一員になると、状況は一変します。国民のためになることは、自分の利益と相反することもある。

しかし、逆もまた真なりである。支配的なエリートにとって良いことが、必ずしも経済にとって良いことではありません。経済を回している労働者にとっても同じことです。

ここで一例を挙げよう。1445年に印刷機が登場すると オスマン帝国は印刷機を禁止しました。彼らは18世紀までこの発明を禁止し続けた。

なぜか?それは、自分たちの権威が脅かされることを恐れたからだ。言い換えれば 彼らは この発明がより包括的な制度につながることを 懸念していたのです

それどころか、オスマン帝国は自らを傷つけた。その人口はヨーロッパの他の地域の教育に遅れをとったのです。そして、これはすべて彼らが印刷機を禁止したためでした。

この本によると、オスマントルコ人のうち、識字者はわずか3%だったそうです。イギリス人の40%-60%が識字者であったことと比較すると。

まとめると、採掘政策は進歩に影響を与える可能性があるということです。そして、経済的な進歩がなければ、国の豊かさは損なわれる可能性があります。

StoryShot #6: Uninclusive Politics Create Economic Domino Effect (包括的でない政治が経済のドミノ効果を生む)

真空中の一つの非包括的な政策が必ずしも有害とは限らない。しかし、AcemogluとRobinsonは、抽出的な政策はウォーターフォール効果を引き起こすと主張している。つまり、非包括的な国は、ほとんどの場合、より抽出的になるのである。

この現象は、経済に大きな影響を与える可能性がある。まず、支配階級のエリートが非包括的な政策を実施することを思い出してください。彼らは自分たちが富と権力を維持するためにそうしているのです。

その結果、彼らの国の富が損なわれる。やがて、誰かが立ち上がる機会を得るかもしれません。彼らは、採掘機関を転覆させることができるかもしれない。

しかし、これらの新しい体制は、典型的な抽出型でもあります。

ここで、この本で紹介されているのは、アメリカの奴隷制の例である。アメリカ人はアフリカン・ディアスポラのメンバーから労働力を引き出すために奴隷制を発明した。しかし、この制度は結局、より非包括的な政策につながった。

1865年、南北戦争の終結とともに奴隷制度は終了した。しかし、残念ながら、修正13条は実際には黒人の排斥を終わらせるものではありませんでした。人々はしばしば修正条項の規定を無視し、黒人を有給労働から排除することを優先したのである。

小作人制度と、最終的にはジム・クロウ法が、黒人の排斥をさらに強化した。このグループは、公民権運動によってある程度の前進を遂げました。しかし、ブラック・アメリカンは今日に至るまで、長引く非包括的な政策に直面しています。

StoryShot #7: 非包括的な制度の下で成功した経済は持続可能ではない

なぜ国家は破綻するのか』の次の章では、その例外に焦点を当てる。つまり、本書ではまともな経済を持つ採算性の高い制度について論じている。この考え方の模範となるのが中国である。

中国は近年、極端な権威主義的支配を受けてきた歴史がある。しかし、中国にはまた 世界最速の経済成長.1978年以降、中国の国内総生産(GDP)は年平均10%のペースで成長している。

しかし、1978年という年は、何か特別な年である。この年は、中国が「開放」政策を開始した年である。この政策により、8億人の中国人が貧困から脱することができた。

中国はAcemogluとRobinsonの議論に反論しているようである。中国は歴史的に非包括的な制度を持っていた。しかし、それらはやがて、より包括的な政策を生み出すようになった。

そして、このようなことが起こったのは、開放政策というたった一つの重要な分岐点の後であった。

それは、現在の中国経済の状況を考えるまでは、すべて真実である。中国の経済がこれほどまでに成長したのは、非常に安く商品を製造し、輸出することができたからです。企業が労働者に支払う賃金が低いからこそ、そうすることができたのです。

しかし、中国はまだ採掘型の経済慣行を採用しています。そして、ここ数年、こうした慣行が積み重なり始めているのです。

労働力人口と生産性は低下しています。一方、投資の見返りは減少している。専門家は、これは個人投資家の参加不足が原因だと考えている。

専門家は、中国経済はいずれ崩壊すると考えている。

なぜか?なぜなら、中国にはまだ非包括的な制度が残っているからです。そして、これらの制度が、持続不可能なレベルの経済発展を生み出しているのです。

中国は最終的に採掘機構に対処しなければならない。そうしなければ、中国は最終的に破綻すると、アセモグルとロビンソンは予測している。彼らは、中国がソビエト連邦の足跡をたどるだろうと考えている。

なぜ資源採掘制度の下での成長は持続可能でないのか?

本書では、採掘政策をとっている国がいつまでも成長できない理由も推測している。彼らは主に2つの理由をあげている。

  1. 持続的な成長にはイノベーションが必要
  2. イノベーションには創造的破壊が必要

創造的破壊とは、"out with the old; in with the new"(古いものは捨て、新しいものを取り入れる)の別称です。このプロセスは、古いポリシーやフレームワークを破壊するものです。そして、この破壊は、イノベーションが起こるために必要なことなのです。

小規模なエリート集団が採掘国のトップになる傾向がある。彼らにとっては、採掘制度を維持することが最大の利益なのです。そのため、彼らは創造的破壊を恐れ、権力を維持するために革新を避けている。

StoryShot #8: Uninclusiveな施設も、時間と努力次第でInclusiveになれる。

この本の素晴らしいところは、多くの陰鬱な出来事を中継しているところです。しかし、最終章では明るい兆しが見えてくる。アセモグルとロビンソンは、発展途上国がどのようにすれば豊かになれるかを述べている。

第一に、この国は採掘機関を切り崩さなければならない。そのためには、重要な分岐点が必要です。そして、このような重要な分岐点は、政府がより包括的な政策を打ち出すことを後押ししなければなりません。

このような国々を支援する一つの方法は、押された個人が反撃するための手段を与えることです。ブラジルは、この考えを実践している例です。1980年代、ブラジルは社会不安から革命を起こしました。

貧困にあえぐ人々が独裁者を倒して以来、この国の経済は繁栄した。

そして、ブラジルはより包括的な政策を奨励し続けました。これは特にここ数十年の間に顕著です。このような変化の結果、ブラジルの経済は最も急速に成長した国のひとつとなりました。 2012年まで.

ここで重要なのは、『なぜ国家は破綻するのか』の執筆以降、ブラジルの経済が急降下したことです。その結果、2014年に不況を経験した。

専門家は、不況の原因は民間投資の不足にあるとみている。聞き覚えはありませんか?中国経済が減速し始めた理由の1つはこれだったのですから。

ブラジルはその後、不況から回復し始めた。その理由は、「なぜ国家は破綻するのか」の要約を読んだ今となっては、驚くには値しないだろう。

ブラジルは再び、より包括的な経済政策への投資を開始しました。この戦略により、生産性、民間投資、ひいては富の増大がもたらされました。

海外からの援助は役に立たない

もう一つ、AcemogluとRobinsonがアドバイスしているのは、対外援助についてである。特にアメリカは確固とした対外援助政策を持っている。しかし、この援助は通常、何の役にも立たない。

なぜか?採掘機関がまだある限り、援助は一般市民ではなく、エリートに利益をもたらすからです。

各国はより包括的になるための重要な岐路に立たされる必要がある。このような変化がない限り、新自由主義的な対外援助もミクロ経済的な対外援助も有益なものとはならない。少なくとも、本書はそのように主張している。

なぜ国家は破綻するのか』の最終まとめとレビュー

なぜ国家は破綻するのか』は、政治、経済、外交に興味のある人なら誰でも読める本である。本書は、貧しい国々は抽出的制度に苦しんでいるという主張を展開する。そして、このような直観を覆さない限り、彼らの経済は常に成長を欠くことになる。

また、読みやすいのも特徴です。学術的な専門用語はあまり出てきませんし、例文もわかりやすく、興味をそそられます。

しかし、読む前に、経済学の予備知識が必要かもしれない。というのも、著者はいくつかの用語(例えば、暴力の独占など)を定義していないからだ。

その前に、覚えておきたい「Why Nations Fail」のポイントをご紹介します。

  • 国家が破綻する理由を説明するには、地理、文化、知識だけでは十分ではない
  • 豊かな国と貧しい国があるのは政治制度が関係している
  • クリティカルジャンクションは制度的な漂流をもたらす
  • 包括的な政治が経済成長を生む
  • 非包括的な政治が経済の停滞を生む
  • 非包括的な政治が生み出す経済的ドミノ倒し
  • 非包括的な制度の下で成功した経済は、持続可能ではない
  • 非包括的な組織も、時間と努力で包括的になることができる

をご注文いただくと、より深く掘り下げることができます。 書籍 または、オーディオブックで じゆうざんまい.

StoryShotsのご利用は初めてですか?この要約の音声版とアニメーション版をはじめ、ベストセラーのノンフィクション本数百冊を私たちのサイトで入手できます。 無料トップランキングアプリ Apple、The UN、The Guardianで#1が紹介されています。

ご意見・ご感想をお聞かせください。以下のコメント、またはツイートしてください。 STORYSHOTS.


関連書籍 概要

フリーコノミクス

事実関係

原理・原則

パワーの48の法則

ゼロ・トゥ・ワン

AIスーパーパワー

予想通り不合理

エンライトメント・ナウ

簡単な3つのステップでアメリカを破壊する方法

5つのクラッシュで見るアメリカの歴史

なぜ国家は失敗するのか
  • 保存

類似の投稿

4コメント

  1. あらすじは簡潔で要点がまとまっている。しかし、この本の主要な部分が明らかにされていないような印象を受ける。組織力という一面しか論じられていない。一発で、この本の全体像がわかるようにすべきです。また、出版社や出版年などの詳細が記されているとよい。

コメントを残す

ダイナミッククーポンは正常に削除されました。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください