カンパニー・オブ・ワン 概要
| |

カンパニー・オブ・ワン』概要とレビュー|ポール・ジャーヴィス

なぜ「小さいまま」がビジネスの次の大きな流れなのか?


忙しい毎日です。ある カンパニー・オブ・ワン ポール・ジャーヴィス著 読書リストに入っていますか?今すぐ重要な洞察を学びましょう。

私たちはここで表面を削っているのです。この本をまだお持ちでない方は、ぜひご注文ください。 これ またはオーディオブックを入手する ただで をクリックすると、その詳細をご覧いただけます。

はじめに

起業したいと思いつつも、大きな資金的裏付けがないままでは至難の業と感じたことはないだろうか。ベストセラーとなった著書の中で カンパニー・オブ・ワンポール・ジャービスは、この考え方に挑戦しています。

カンパニー・オブ・ワン は、ビジネスを成長させなくても、大企業のような成功を収めることができる方法を説明しています。本書では、成功は必ずしも成長の量やペースによって定義されるものではないと論じています。小規模でいることで、「スケーラブル・システム」を通じて、自分のライフスタイルのニーズや好みに合わせて会社を構築することができるのです。最終的には、この「拡張性のあるシステム」の開発に焦点を当てることで、従業員を増やすことなく成長を促進し、長期的な満足度を促進することができるのです。 

"ビジネスの成功は、何かを素早く大量に成長させることにあるのではなく、長期にわたって注目され、かつ弾力性のあるものを構築することにある。"

- ポール・ジャービス

ポール・ジャーヴィスについて

ポール・ジャービスは、元シリコンバレーのプロフェッショナルから作家に転身した人物である。 カンパニー・オブ・ワン は彼の最初の著書ですが、Inc.com、Fast Company、Huffington Postなど、世界有数の出版物にも寄稿しています。ジャービスはまた、人気のある、ニュースレターを書いています。 サンデーディスパッチを立ち上げた。

作家としての活動のほか、フリーランスとして成功するための講座を主催し、「ビジネスに成長は必要ない」という逆説的な考えを提唱している。

ジャービスは、ウェブサイト分析会社の創設者でもあります。 ファゾム・アナリティクス.Fathomは、成長を必要としない一人会社の実例である。社員は、ジャービスと共同創業者のジャック・エリスだけ。顧客からの利益を再投資することで、会社を完全に立ち上げた。

彼らはどのようにそれを行ったのでしょうか?それを知るために、私たちと一緒に参加しましょう。

StoryShot #1:成長の欠如が「一人企業」を生む

ジャービスは、最初の3分の1を カンパニー・オブ・ワン 一人会社とは何か?一人会社とは、起業のことではありません。また、フリーランサーのことでもない。

スタートアップと一企業の違いは何ですか?スタートアップは、成長することを第一の目的としています。一方、一人企業は、意図的に小さくとどまっています。

しかし、1の企業はフリーランスと違い、稼ぐために働いているわけではありません。フリーランサーは能動的に収入を得る。仕事をやめた途端、お金は入ってこなくなる。一方、カンパニー・オブ・ワンは、能動的な収入と受動的な収入の両方を得ることができる。

一人で一人用の会社を経営する必要はない。パートナーや親しい友人、あるいは最も優秀な同僚と1つの会社を立ち上げることもできる。ただ、その特徴は、規模を小さくする必要があることです。

カンパニー・オブ・ワンのメリット

一人の会社は、だんだん大きくなるわけでもなく、常に仕事が必要なわけでもない。しかし、これは必ずしも原理的なものではありません。むしろ、従来の成長メカニズムを否定することで、次のようなメリットを得ることができます。

  • レジリエンス
  • オートノミー
  • スピード
  • シンプリシティ

1つの会社は小さいので、これらのマイクロビジネスは非常に機敏です。その結果、現実の変化に迅速に対応し、一貫した目的意識を持つことができるのです。この俊敏性のもう一つの利点は、官僚主義が少ないことです。例えば、役員会や株主による意思決定を実行する必要がないのです。

個人事業主であれば、ブランド・ビジョンを完全にコントロールすることができます。それは、ビジネス上の意思決定に対してのみ自律性が得られるということではありません。そもそも、人生のどれだけの時間を仕事に費やすかも自分で決められるのです。

生来、大きな会社は小さな会社より複雑である。しかし、一人前の会社が成功するためには、その基礎となる原則は、シンプルであり続けることです。つまり、シンプルな顧客層、シンプルな製品提供、そしてシンプルな事業構造です。

StoryShot #2: 1つの会社を運営するには、正しいマインドセットが必要です。

ジャーヴィスは、なぜ誰もが一人会社を目指すべきなのかについて、多くの時間を割いて語っています。つまり、一人会社を経営することで、自分のライフスタイルに合わせてビジネスを構築することができるということです。

"一人前の会社なら、自分の生活の周りにビジネスを構築するのがマインドセットだ、その逆はない"

- ポール・ジャービス

現代では、ほとんどの人がその逆をやっています。日々のスケジュールを決めるのは、主に仕事です。その結果、私たちはしばしば、仕事の時間やプロジェクトの締切に合わせてライフイベントを計画します。

その代わりに、本書は私たちのライフスタイルを情熱で賄うよう鼓舞し、忙しい生活が良い生活ではないことを思い起こさせる。より生産的に働くことで、生計を立てるために必要な時間とエネルギーを削減することができます。

One mindsetの会社のもう一つの側面は、情熱と目的の違いです。成功するためには、情熱だけではダメなのです。

「目的とお金は相反するものではありませんが、ひどい状況やストレスの多い状況でも、より大きな善に向かって働いていることが分かれば、よりレジリエンス(回復力)を高めることができます。このような目的意識は、個人にとっても企業にとっても、不変の中心的な価値観から生まれます。1の企業は、常にすべての面を楽しまなくても、仕事を楽しむことができることを知っているのです。"

- ポール・ジャービス

ビジネスの意思決定の指針となる明確な目的を持つこと。その目的の重要な信条は、成長する機会があっても、小さいままでいることを決意することです。

一企業の経営者にとって、成長とは衰退を意味する。一方、成功とは、ある一定の所得水準を維持することである。その所得水準は、あなたが定義することができる。

まず、自分がどのような生活を送りたいのか、その概要を説明する必要があります。どんな家に住みたいのか、どんな車に乗りたいのか、年間何回の休暇をとりたいのか。

次に、自分が望むライフスタイルを実現するために必要な資金を逆算します。そして、この数字をもとにビジネスを構築し、目標額に到達したら、大いに休息をとることができるのです。

より多くの収入を得ることが必ずしも良いことではない

もし、あなたが収入の数字を達成しても、仕事を続けたいとしたらどうしますか?ジャービスは、「利益が増えれば増えるほど、問題も増えるものだ」と警告しています。

より多く働くということは、より多くの顧客を獲得するということかもしれません。その場合、より多くの顧客を満足させるために、カスタマーサービスなどの業務により多くの時間を費やす必要があります。そして、その需要に応えるために、さらに人を雇わなければならなくなる。そうなると、「オンリーワン企業」でなくなってしまう。

そのような職場環境は、一人勝ちの会社とは対極にある。そのため、ジャービス氏は、あらかじめ指定された収入の数字に達したら、「もう十分だ」と言うことを勧めている。

StoryShot #3:本業はまだ辞めないでください

ここまでで、一人会社とは何か、一人会社を経営するにはどのような考え方が必要かを理解していただけたと思います。しかし、まだ9時から5時までの勤務を辞める時期ではありません。まずは、副業を充実させなければなりません。

この点については、最初は直感に反すると思われるかもしれません。結局のところ、仕事をしながらどうやってビジネス全体を構築すればいいのでしょうか?

しかし、この本は、どんなビジネスでも構築することを推奨しているわけではありません。その代わりに、成功するビジネスを構築することを可能にしています。生活費をすぐに用意しなければならないようなビジネスでは、成功は望めません。

その代わり、空いた時間に情熱的なプロジェクトを立ち上げましょう。まず、ビジネスのアイデアを思いつくことから始めましょう。そして、最初の数人の顧客を獲得し、あなたのアイデアへの牽引力と関心を測ります。

市場に自分の製品やサービスの明確な需要があると判断できれば、ようやく本業をやめることを考えることができます。

実在する一企業

カンパニー・オブ・ワン では、そのようなビジネスの事例をいくつか紹介しています。本書の最初の例は、漫画家トム・フィッシュバーンである。フィッシュバーンは、会社勤めを辞める前に、1つの漫画の会社を作りました。

フィッシュバーンが副社長職を辞めたのは、いくつかの顧客を獲得した後だった。会社設立の夢を実現する前に、家族を養うための安定した収入を確保したかったのだ。

フィッシュバーンは明らかなサクセスストーリーである。彼と彼の妻は、1つの会社を経営しています。 マーケットクーニスト初日から。現在では、会社の副社長として働いていたときよりも、Marketoonistから多くの利益を得ていると報告しています。

StoryShot #4:情熱だけじゃダメなんだ、製品のアイデアを選ぶとき

仕事を辞め、一人前の会社を大きくせずに成長させる道を歩んでいるわけです。どうやって始めればいいのでしょうか? 

もちろん、まず必要なのは製品やサービスのアイデアです。Jarvisは、情熱的なプロジェクト、副業、フリーランスの仕事などをインスピレーションにすることを提案しています。そのアイデアに対する情熱が強ければ強いほど、より良いのです。

しかし、情熱をビジネスにすることの弊害も理解しておく必要があります。調査によると、ほとんどの人が芸術、音楽、スポーツに熱中しているそうです。

もし、あなたがこれらの分野に情熱を注いでいるならば、前途は多難かもしれません。アスリートになりたいと思っても、誰もがスポーツのスーパースターになれるわけではありません。

あなたの情熱だけを頼りに「オンリーワン企業」のアイデアを考えるのではなく、もっと深く掘り下げて考える必要があります。あなたの情熱のうち、人々がお金を払ってくれるのはどれなのか、現実的に考えてみてください。

例えば、あなたがインスタグラム用のデジタルアートを作ることに夢中になっているとします。ソーシャルメディアにアートを投稿することからビジネスを生み出すことはできません。しかし、自分の作品をNFTに変換し、OpenSeaのようなマーケットプレイスで販売して利益を得るというビジネスアイデアを思いつくかもしれません。

お客様の声から製品の改良を行う

商品やサービスのアイデアが決まったら、いよいよ発売です。しかし、「発売する前に製品を完成させるべきではないのか」と思うかもしれません。その答えは「ノー」です。

製品を初期段階で発売する。そうすれば、顧客から貴重なフィードバックを受けることができます。このフィードバックは、製品に磨きをかけ、次のようなことを解明するのに役立ちます。 適正価格などなど。

なぜ、そうする必要があるのでしょうか?なぜなら、できるだけ早く製品を発売すると、すぐに稼ぎ始めることができるからです。

"一企業 "は、製品を常に有用で新鮮、かつ提供する市場に適したものにするために、絶えず製品を反復する必要があります。ですから、すぐに会社を立ち上げて、すぐに製品を改良し、より良いものにすることです。製品の最初のバージョンを発売するときは、その製品が市場でどのように位置づけられるか、ターゲットとするユーザーに到達して注意を引くことがどれほど容易か困難か、人々はそれをどの程度の価格で購入する意思があるかなど、多くのことを推測している状態です。しかし、良いことに、最初のバージョンを発売すると、すぐにデータが集まり始めます。売れ行きはどうなのか?レビューの評判は?顧客維持率はどうでしょうか?顧客はあなたの製品に興奮し、他の人に伝えているのでしょうか?あなたは、このデータを使って、あなたの製品をさらに改良し、あなたが解決しようとした問題に対して、さらに優れた、より有用なソリューションにすることができますし、そうしなければなりません。"- ポール・ジャービス

カンパニー・オブ・ワン PDF、無料オーディオブック、マインドマップ、アニメーションの本の概要

サイト・ブログのために

コメントやシェアであなたの気持ちを伝えましょう。

StoryShotsのご利用は初めてですか?この要約のPDF版、インフォグラフィック版、オーディオ版、アニメーション版、その他ベストセラーのノンフィクション書籍の数々を、私たちのサイトで手に入れましょう。 無料トップランクのアプリ.Apple、The Guardian、The UN、Googleから、世界最高の読書・学習アプリの一つとして紹介されています。

これは氷山の一角である。ポール・ジャービスを支援するための詳細は、以下のサイトをご覧ください。 カンパニー・オブ・ワン これ またはオーディオブックを入手する ただで.

関連書籍の要約

週4時間労働制 ティム・フェリス著

リワーク ジェイソン・フリード、デヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン著

E-Myth再訪問 マイケル・E・ガーバー著

リーン・スタートアップ エリック・リース著

$100のスタートアップ Chris Guillebeau著

エフェクティブ・エグゼクティブ ピーター・ドラッカー著

伝染性 by Jonah Berger

人間の意味への探求 ヴィクトール・フランクル著

セイル・ライク・クレイジー by Sabri Suby

Whyから始める サイモン・シネック著

ナヴァル・ラヴィカントのアルマナック エリック・ヨルゲンソン著

カンパニー・オブ・ワン 概要
  • 保存

類似の投稿